プリウスの使用済みニッケル水素電池の再利用


使用済みニッケル水素電池の再利用

2012年02月25日

SankeiBizサイトの2月17日記事”トヨタ、「プリウス」の廃電池で家屋向け蓄電システム実験”から一部を引用する。

トヨタ自動車は16日、ハイブリッド車(HV)の使用済みバッテリーを利用した定置型蓄電システムの実証実験を始めると発表した。拡大が見込まれる次世代送電網「スマートグリッド」で重視される蓄電機構としての実用化を目指す。

幅100センチ、奥行き80センチ、高さ180センチの定置蓄電装置を開発した。廃車や車検交換で出てきた2代目「プリウス」の使用済のニッケル水素電池を6-7個積む。容量は7キロワット時で、一般家庭の使用電力の約半日分に相当する。
...
使用済みバッテリーの定置型蓄電システムは、日産自動車や三菱自動車など電気自動車用で、実験が始まっている。しかし、トヨタのHVでは、昨年が7000基程度だった使用済みユニットが、2010年代後半には数万基の規模で、出回ることになり、電気自動車の使用済みバッテリーよりも大規模で、早い段階での実用化が期待されている。(C)SankeiBiz

次世代の送電網であるスマートグリッドには蓄電池は必須アイテムである。太陽光発電の発電余剰分を蓄電しておき、夜間や周辺電力不足時にその電力を放出する役目だ。その蓄電池は大容量・高機能でなければならず、いまはまだ高価だ。その蓄電池として、ハイブリッド車の使用済みバッテリーを際しようする実験が今日の話題だ。

これはプリウスの使用済みのニッケル水素電池を使用する。その電池を6~7個搭載し、大きさは、幅1m×奥行0.8m×高さ1.8mというから、結構な大きさだ。高さは日本人男性の身長平均より10cm近く高い。この大きな蓄電池群をもってしても、容量は一般家庭半日分の電力とのことだ。もちろん新品のニッケル水素蓄電池ならもっと性能は高いだろうが、安い使用済みニッケル水素電池で価格を安くする作戦だ。記事には書かれていないが、使用済みのものであっても新品の7~8割の性能は残っているはずなので、車ほどには高機能が必要でないスマートグリッド用蓄電池にはこれで充分だろう。

資源を無駄にしない観点からも、良い試みと思う。

 
QLOOK ANALYTICS