5月17日開始のつくば市のEVカーシェアリング実験


つくば市のEVカーシェアリング実験

2010年05月14日

このブログの1月20日記事「伊藤忠とつくば市の電気自動車関連実証実験」の続編だ。5月13日付けの読売新聞サイト茨城版記事「電気自動車普及へ検証 つくばで17日から開始」から一部を引用する。

伊藤忠商事とマツダやファミリーマートなど協力企業15社は12日、つくば市と共同で「クリーンエネルギーを活用した低炭素交通社会システムの実証プロジェクト」を17日から開始すると発表した。市内2か所に拠点を設け、太陽光発電で得た電力で電気自動車(EV)を走らせるとともに、カーシェアリング(自動車の共同使用)も推進し、EVの普及を目指す。

拠点となるのは、ファミリーマートつくば研究学園店(つくば市研究学園)とガソリンスタンド「エネクス学園東大通りCS店」(同市妻木)で、それぞれ太陽光発電、定置用蓄電池、急速充電器を設置する。

EVは、マツダ「デミオ」に米国製リチウムイオン電池を搭載するなど改造した3台を、市の公用車、コンビニ店の営業車、市民や出張者向けのカーシェアリングとして利用する。土日曜日は公用車をカーシェアリング用に提供する。

カーシェアリングは会員制で、非接触型ICカードを使って急速充電器を利用する際の認証や課金を行う。料金は15分ごとに日中200円、夜間100円で、充電は1回200円。充電器は約25分で約100キロ走行できる電力を供給できる。

実証期間は3年で、リチウムイオン電池の劣化の分析や同電池の2次利用の可能性、カーシェアリングのシステムの検証などを行う。
...(C)読売新聞

このプロジェクトは前回ブログ記事によれば3月開始とのことだったが、少し遅れて今月17日から開始、とのことだ。前回ブログの時点ではなかったが、このプロジェクト、グリーンクロスオーバープロジェクトのホームページが開設されていた。このプロジェクトの内容については前回ブログの時点から変更は無い。概要については、トピックスページの下のほうにある動画が大変わかりやすい。

現時点では充電ステーションは2箇所。太陽光発電設備と充電器は設置済みだ。動画では充電ステーションはもっとあったので、今後どんどん追加設置されるだろう。

残念なことにこのサイトを探したが、料金についての記述を見つけることができなかった。カーシェアリングシステムの料金については今回の引用記事に書いてあり、次のとおりだ。
(1)日中\200/15分、夜間\100/15分
(2)充電\200/回
なお急速充電は、約25分で約100キロ走行分の電力を充電できる。

ひとつ興味深いことがある。それは、今回の電気自動車(EV)の提供は、EV技術が遅れていると言われているマツダということだ。ベース車はデミオで、それに米国製リチウムイオン電池を搭載、とのことだ。リチウムイオン電池は性能・価格とも日本製がベストと思うが米国製ということは、マツダはEV技術を米国自動車メーカーから導入している、ということだろうか。

 
QLOOK ANALYTICS