三洋電機からガスヒートポンプと太陽光発電を組み合わせた製品が発売


ガスヒートポンプと太陽光発電の組み合わせ

2011年05月18日

朝日新聞サイトの日刊工業新聞5月9日記事「三洋電、空調・発電システム-安定的に電力供給」から。

三洋電機は太陽光発電と発電機能付きガスヒートポンプ(GHP)エアコンを連携した空調・発電システム「ソーラーリンクエクセル」を完成した。日射量の影響を受ける太陽光発電の出力変動をGHPの発電量を調整することで補い、安定した電力供給を可能にした。大阪ガス、東邦ガスと共同開発したもので、価格は20馬力のGHPと4キロワットの太陽電池の組み合わせで600万―750万円。ガス会社ルートなどで学校や商業施設、工場への納入を目指す。

大規模施設などで商用電力の受電量を抑制するニーズに応える。16―20馬力のGHPと2キロ―4キロワット級太陽電池の組み合わせで4キロワットの電力を常時供給。施設が必要とする電力や空調規模に応じて複数セット設置する。

発電機能付きGHPは空調向けに使うガスエンジンの余力で発電している。発電量の確保を優先した運転制御も可能。出力変動の幅が大きい太陽光発電の出力推移を、GHPが監視しながら自らの運転を制御することで空調機能と安定した電力供給を維持できる。

GHP室外機のインバーターを太陽電池も共用する。パワーコンディショナーが不要なほか、系統連係を一本化でき手続きも簡素化が可能。三洋電機の加西事業所(兵庫県加西市)で2010年から実証試験を進めてきた。

三洋はGHPのシェア首位。国内市場は10年度に約1万6000台規模で、近年は年1―2割の減少傾向だった。しかし最近の電力供給不安を背景にしてエネルギー効率が40%以上と高いガス式空調は再び注目が集まる。12年にも、さらに高効率なGHPに対応した商品の投入を予定する。(C)日刊工業新聞

三洋電機はパナソニックに吸収合併されたが、製品名から三洋電機のメーカー名が消え始めている。家電ではゴパンなどの極めてユニークな製品以外はパナソニックブランドになる。ただ、三洋電機のHIT太陽電池はブランド名は残るだろう。変換効率が極めて高い優秀な製品でブランド力があるからだ。

さて三洋電機にはガスヒートポンプ(GHP)というジャンルの製品がある。この分野では日本のシェアトップであることは上記の記事で初めて知った。ガスヒートポンプは、電気の代わりにガスを燃焼させてヒートポンプを動かす仕組みと思えばよい。つまり、ガスを燃やして冷暖房を動かす。そしてガスヒートポンプには発電機能のある製品もある。これは、冷暖房の余力で発電するものだ。

今日の引用記事中の製品は、この発電機能付きのガスヒートポンプと太陽光発電を組み合わせて一定の出力を得るようにしたものだ。三洋電機サイトのソーラーリンクエクセルページの絵がわかりやすい。

太陽光発電は、日照により発電量が増減する。太陽光発電に発電機能付きのガスヒートポンプを組み合わせ、太陽光発電の発電量をモニターしてガスヒートポンプの発電量を増減することで、両方合わせた発電量は一定の量を確保することができるのだ。

ただ価格は高い。4キロワットの出力の太陽光発電と、それに見合うガスヒートポンプ装置を組み合わせると、600万~750万円になる。これは当然ビジネス・工業用だ。

高価ではあるが、震災時の停電対応、またこの夏の停電・節電に備えるため、脚光を浴びている製品のようだ。

三洋電機はパナソニックの社風に染まってしまったらこのようなユニークな製品の開発はできなくなるだろう。三洋電機は技術者魂でがんばってもらいたい。

 
QLOOK ANALYTICS