宮代町の太陽光発電設置補助金は地域のエコポイントで5万円


太陽光発電設置補助金を地域のエコポイントで

2010年03月02日

面白いアイデアの太陽光設置補助金制度を見つけた。毎日新聞サイトの埼玉版2月26日記事「宮代町:地域にエコポイント 買い物5万円限度 /埼玉」から一部を引用する。

宮代町は新年度から、自宅に太陽光発電システムを設置する住民が町内の商店などで買い物をして支払った額の5万円を限度に助成する「地域内循環型エコポイント制度」を発足させる。年間60件の利用を見込んで事業費300万円を当初予算に計上した。国、県の太陽光発電設置の助成制度と並行して活用できる。町によると、同制度を町の単独事業で行うのは全国で初めてという。

設置希望者は、工事前に制度利用を町に申し込む。工事完了時までの間に町内で買い物した食料や衣料などの生活用品などをはじめ、町内の業者であれば庭の手入れの手間賃も対象。事前契約している新聞購読料や公共料金などは除く。購入先は個人商店、大型店を問わない。支払いを証明する「レシート」と工事完了を示す書類を町に提出する。(C)毎日新聞

埼玉県宮代町は県の東北部に位置し、春日部市・久喜市に隣接した、都心のベッドタウンだ。人口約3万4千人。小さな市程度の人口の町といえる。

この町の2010年度の太陽光発電設置補助金は、補助金額が1件5万円と非常に少ない。しかし支払い方法は「地域内循環型エコポイント」とユニークだ。

このエコポイントで購入できるものは、工事完了までに町内で買い物した物などが対象だ。たとえば食料や衣料などの生活用品や、町内の業者であれば庭の手入れの手間賃も対象だ。なお事前契約している新聞購読料や公共料金などは対象外、とのことだ。

この補助金の予算は、対象60件の300万円。市町村レベルの太陽光発電補助金予算では非常に少ない予算だ。たった300万円でもその金額は町の商店に流れるわけだ。少ない予算で地域振興を行う、大変参考になる政策と思う。

 
QLOOK ANALYTICS