甲子園球場に太陽光発電


甲子園球場に太陽光発電

2009年10月01日

10月1日の朝日新聞サイト記事甲子園に太陽光発電 阪神の年間ナイター分まかなう計算から。

阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)の大屋根「銀傘」に、太陽光発電設備が設置される。発電できる電力量は年間で推定約19万3千キロワット時。阪神タイガースが甲子園球場で行う1年間のナイター照明の使用量に相当し、球場全体の使用電力量の約5.3%が太陽光発電でまかなえるという。

費用は計約1億5千万円。今年3月の第2期リニューアル工事で新しくなった銀傘約7500平方メートルのうち、外壁側の約1800平方メートルに1600枚分の太陽光パネルを敷き詰める。10月中旬に着工し来年3月の稼働を予定。阪神電気鉄道によると、太陽光発電の設備をもつプロ野球の球場は現時点ではほかにない。

1日記者会見した阪神電鉄の坂井信也社長は「タイガースや高校野球のファンをはじめ多くの人に環境への関心を高めてもらうきっかけになることを期待している」と話した。 (C)朝日新聞

電力会社の太陽光発電以外の太陽光発電システムとしては、この甲子園球場の太陽光発電システムはかなり大規模だ。設置面積は1800平方メートルというからかなり広い。40数メートルの正方形と考えると、かなり広いと想像が付く。この面積の太陽光発電で、1年間のナイター照明の電気量に相当する、とのことだが、それは球場全体の約5.3%の電力量だそうだ。球場という施設は夜間照明以外にかなりの電力を消費している、ということもこのニュースで初めてわかった。

さてこのブログの十八番の計算。この太陽光発電は年間発電量が約19万3千キロワット時というから、発電能力は約190キロワットと仮定する。設置費用は約1億5千万とのことなので、1キロワット当たりの設置費用は、約79万円となる。う~~ん、家庭用の太陽光発電システムよりは少し高めだ。ただ極端に高いわけではない。「銀傘」に設置するための設置工事に余分な費用がかかるのだろうか。

 
QLOOK ANALYTICS