城南信用金庫の脱原発推進の金融商品


脱原発の金融商品

2011年04月29日

脱原発へ向けてのある金融機関のユニークな取り組みだ。朝日新聞サイトの4月29日記事”太陽光導入で年利1.0% 城南信金が「脱原発」優遇”から一部を引用する。

原子力発電所事故を受けて「脱原発」を訴えている信用金庫2位の城南信用金庫(東京都品川区)は28日、脱原発のための預金や融資を5月2日から始めると発表した。太陽光発電などを導入すれば定期預金の利息を年1.0%に引き上げ、導入のためのローンも最初の1年間を無利子にする。

「節電プレミアム預金」と名づけた1年間の定期預金を始める。利息(税引き前)は通常の1年定期の年0.08%から年1.0%に大幅に引き上げる。

5月2日以降に太陽光発電のためのソーラーパネルや自家用発電機、蓄電池、LED照明のいずれかを10万円以上買った人が対象。領収書を出せば、1世帯あたり100万円まで預金できる。

ソーラーパネルなどを買うためのローン金利は低くする。融資額は50万~300万円で、期間は3~8年。最初の1年間は無利子で、2年目以降は年1.0%の固定金利にする。住宅の改築向けローンは固定金利で年3.5%程度なので、かなり低い金利となる。

預金、ローンとも受付期間は9月末まで。

城南信金の吉原毅理事長は原発事故後、「脱原発」を掲げ、自社の電力消費量を今後3年以内に約3割減らす節電策を打ち出した。「危険が高い原発に依存しなくて済むような地域社会作りに貢献したい」としている。(C)朝日新聞

東京都品川区の城南信用金庫は信用金庫中2位。その同信用金庫は、ホームページによれば

今回の東京電力福島第一原子力発電所の事故により、東京電力管内においては、需要の旺盛な夏場に電力が不足することが懸念されております。

こうした中で、当金庫では、「原発に頼らない安心できる社会」の実現に向けて、自ら省電力、省エネルギー化に取組むとともに、地域のお客様の節電をご支援するため、以下の新商品・サービスを実施致します。
...(C)城南信用金庫

ということで、「原発に頼らない安心できる社会」の実現を目指す、とのことだ。これは通常の金融機関としてはなかなか言い出せないことだ。もし電力会社が口座を持っていれば絶対に言わないだろう。電力会社が口座を作っていない小さな金融機関だからこそできたことと思う。

この「原発に頼らない安心できる社会」のために、3つの金融商品・サービスを用意した。その一つが、節電プレミアム預金だ。省電力のための機器を購入した人を対象に、定期預金金利を優遇する、というものだ。対象となるのは、次の4つのいずれかで10万円以上が条件。

  1. 太陽光発電の設置
  2. 蓄電池の購入
  3. 自家用発電機の購入
  4. LED照明への切り替え

手続きは簡単で、窓口で領収書を提示するだけで優遇金利が受けられる。ただ残念なことに、定期預金の優遇金利の預け入れ金額は1世帯について100万円までと、少ないことが欠点だ。

この他、節電プレミアムローンというローンもある。これは、上記などの省電力関連の設備投資に対する低金利ローンだ。これは300万円を限度とし、当初1年間は無利子、2年目以降は1.00%の固定金利、という大変すばらしいローンだ。

この他にも、同信金の顧客で電力使用量が前年度比で3割減を達成できた家庭に、貯金箱と福袋を進呈するサービスもある。

地域密着の信用金庫だからこそできる金融商品・サービスかもしれないが、このような試みは全金融機関が追従してもらいたい。特に、ローンは是非。

 
QLOOK ANALYTICS