「メガソーラー」は三洋電機の登録商標?


「メガソーラー」は三洋電機の登録商標?

2009年12月03日

「メガソーラー」と言えば、大規模太陽光発電所のことだ。目安としては出力1メガワット、つまり千キロワット以上が目安だ。この「メガソーラー」という言葉は市民権を得た一般名詞、と思っていた。が、そうではない可能性がある。

このブログの昨日の記事「三洋電機の高変換効率の新太陽電池の量産化見通し」で三洋電機と新日本石油の合弁会社「三洋ENEOSソーラー(株)」を話題にした。その記事のなかで、同社のホームページ中の「事業内容」ページを紹介した。そのページの一番下をご覧いただきたい。

「メガソーラー」は三洋電機の登録商標です。

と書いてある。その上の図中には、メガソーラーという言葉の前に登録商標の(R)マークが付いているので、誤りではない。なんと、一般名詞と思っていた「メガソーラー」は三洋電機の登録商標なのだ。

でも腑に落ちない。「メガソーラー 三洋電機 登録商標」でグーグルにて検索したが、1ページ目にはそれに該当するサイトは無い。

次に三洋電機のサイトで、「メガソーラー」にて検索した。結果は、”入力されたキーワードに該当するページは見つかりませんでした。 ”

ということは、現時点においては「メガソーラー」は三洋電機の登録商標で無いか、または三洋電機は登録商標と主張することをあきらめたか、のどちらかだ。もし後者なら、アメリカの企業ではありえないだろうな、と思った。

 
QLOOK ANALYTICS