シャープがメガソーラー事業を始める


シャープがメガソーラー事業を始める

2012年03月14日

時事通信社サイトの3月9日記事「シャープ、メガソーラー建設へ=栃木など国内3カ所」から一部を引用する。

シャープは9日、栃木県など国内3カ所でメガソーラーの建設に乗りだす方針を固めた。今年7月には、再生可能エネルギーにより発電された電力の買い取りを電力会社に義務付ける法律が施行され、一定の収益が見込めると判断した。

栃木県矢板市の工業団地の土地(6.8ヘクタール)に約2000キロワットのメガソーラーを建設する準備を進めている。北海道では北見市と湧別町で約1500キロワットのメガソーラーをそれぞれ計画。既に土地を保有する地元自治体から建設予定地として借り受けることが固まっている。稼働時期については、買い取り価格など詳細が決まり次第、具体的に検討する。

シャープがメガソーラーに乗り出す、というニュースだ。太陽電池、太陽光パネルのメーカーが自らメガソーラーを建設するのは大変珍しい。

栃木県矢板市のその出力は2000キロワット、つまり2メガワットだ。また北海道に1.5メガワットを2つ、建設する予定。土地は自治体から借り受ける、とのことだ。

シャープはかつては世界に冠たる太陽電池・太陽光パネルメーカーだった。しかし今は大変な経営危機だ。昨日、3月13日の株価は終値が509円。500円割れがすぐそこに見え、500円を割ったら一気に急落も予想されている。当然、今年の春闘では定期昇給凍結を会社側は提案した、とのニュースもある。大赤字の原因は、液晶テレビの過大な在庫やら、昨年夏のタイ洪水やら、いろいろあるようだ。

その中で、最も付加価値の付く太陽光発電で、かつ太陽光パネルメーカーであることを生かして、メガソーラー事業を始める、といったところだろう。

ただその経営状況は非常に危ないようで、今後の推移が注目される。太陽光発電の立役者の同社にはなんとか踏ん張ってもらいたい。アジアの海外メーカーに吸収合併され、次世代太陽電池のノウハウを全部持っていかれてしまう、ということは絶対に避けなければならない。

 
QLOOK ANALYTICS