ソフトバンクが北海道に出力200メガワットもの巨大なメガソーラー


ソフトバンクが北海道にメガソーラ

2012年04月04日

ソフトバンクについてはこのブログで数回書いた。今年3月5日記事「ソフトバンクのメガソーラー」では、全国へのメガソーラー建設が発表されてから約1年の雌伏の後に最初のメガソーラー建設が発表された、という話題だった。また3月12日記事「ソフトバンクがモンゴル砂漠で太陽光発電」では、その表題のとおりのメガソーラー建設についての話題だった。さて今日の話題は、同社のお得意なスケールの大きな話だ。共同通信の47サイトの4月4日記事「北海道に国内最大メガソーラー ソフトバンクが建設計画」からその一部を引用する。

ソフトバンクが北海道苫小牧市の東部に大規模太陽光発電施設(メガソーラー)の建設を計画していることが4日、分かった。出力は少なくとも20万キロワット級になるとみられ、実現すれば国内では最大、世界でも有数の規模になる。
...
関係者によると、ソフトバンクの子会社「SBエナジー」(東京)が、北海道電力と買い取りについて協議中という。(C)共同通信

ソフトバンクが北海道苫小牧市に計画しているメガソーラーの出力は、メガもメガ、20万キロワット、つまり200メガワットだ。1メガワットでメガソーラーと言えるので、その規模は大変な規模だ。出力200メガワットというと、国内ではもちろん最大で、世界レベルでもほとんどトップだろう。

ここで、同メガソーラーの売上を試算してみよう。(桁が多いので位を間違えそう。。。)まず年間発電量。出力が20万キロワットだから、通常の地域なら年間発電量は2億キロワット時程度だ。しかし積雪は、同市は北海道としては少ないようだがやはり積雪有りなので、年間発電量をとりあえず1億8000万キロワット時とする。

次に売電単価はまだ決まっていないが、とりあえず1キロワットあたり35円とする。掛け算をすると、年間の売電額はなんと、63億円となる。いやはや、大きいことは巨大な利益を生み出すのだ。

次に、同メガソーラーの建設費を試算してみる。出力が数十キロワットのメガソーラーなら、1キロワットあたりの建設費は今は30万円程度に下がった。厳しいビジネスのソフトバンクだから、これを恐らく26万円程度にたたくだろう。しかし積雪対策が必要なので少しアップのはず。とりあえず、1キロワット当たりの建設単価を28万円とする。すると、出力は20万キロワットだから、建設費はなんと560億円にも達する。しかし売電額から、この建設費は9年弱で元が取れ、10年目からは年に63億円も稼ぐのだ。

いやはや、ビジネスというのは大きければ大きいほど効率良く利益を上げられる、という当たり前の試算結果となった。

 
QLOOK ANALYTICS