中国電力の2番目のメガソーラーが宇部市に建設予定


中国電力の2番目のメガソーラー

2012年02月01日

中国新聞サイトの2月1日記事「宇部でメガソーラー計画」から一部を引用する。

中国電力が大規模太陽光発電設備(メガソーラー)を宇部市西沖の山の火力発電所跡に計画していることが31日、分かった。発電出力は3千キロワットで2014年度中の営業運転開始を目指す。1日に山口県と宇部市に建設方針を説明する予定で、中電では福山市の福山太陽光発電所に続いて2カ所目のメガソーラーとなる。

1993年に運転を停止した新宇部発電所跡地20ヘクタールのうち5ヘクタールを活用。更地に太陽光パネルを置く。瀬戸内海沿いの干拓地で日照量が多く、同社所有の広い土地が確保できる点が考慮された。

福山と同じ規模を想定。一般家庭約900世帯の使用量に相当する年間約340万キロワット時の発電量を見込む。同じ量を火力で発電した場合と比べ、二酸化炭素(CO2)の排出量を年約2千トン削減できるという。

12年度に設計し、13年度に着工する予定。中電は20年度までに出力の合計が計1万キロワットを目標にメガソーラーの建設を進める方針。福山、宇部で計6千キロワットとなり目標達成に向け、さらに候補地の選定を進める。
...(C)中国新聞

中国電力が2つめのメガソーラーを計画している。最初のメガソーラーは、このブログの昨年2011年5月16日記事「中国電力のメガソーラー」に書いた、福山太陽光発電所だ。その出力は3メガワット。

今日話題のメガソーラーは、宇部市に建設を予定している。場所は新宇部発電所跡の一部、5ヘクタールだ。この場所は、瀬戸内海沿いの干拓地で日照量が多いとのことだ。こちらのメガソーラーの出力も、最初の福山と同じ3メガワットだ。記事によれば、年間発電量は340万キロワット時を想定している。通常、出力が3メガワットなら年間発電量は300万キロワット時程度だがそれよりも40万キロワット時も多いということは、記事のとおり日照量が多い、ということだろう。

中部電力は2020年までにメガソーラーの出力合計を1万キロワット、つまり10メガワットを目指している。福山、宇部が各3メガワットで合計6メガワットなので、目標まであと4メガワットということになり、この目標は楽々達成できるはずだ。前回ブログ記事によれば福山太陽光発電所は7メガワットまで出力を増やせるそうなので、ほとんど楽勝だ。ならば、合計10メガワットの上を目指してもらいたい。

 
QLOOK ANALYTICS