パナソニックが三洋電機の太陽電池で太陽光発電に参入、トップを目指す


パナソニックが太陽光発電に参入、トップを目指す

2010年06月01日

5月31日付けの朝日新聞サイト記事「パナソニック、太陽光発電に本格参入 国内トップ狙う」から一部を引用する。

パナソニックは31日、急成長している太陽光発電システムに本格参入すると発表した。子会社化した三洋電機から太陽電池を調達し、傘下の地域店や家電量販店、住宅設備店など関係が深い計14万9千店で販売する。2009年に3位の約20%(三洋のみ)だった国内シェアを12年にはグループ全体で35%に引き上げ、現在首位のシャープを上回り国内トップを目指す計画だ。

世界最高レベルの変換効率を持つ三洋製の「HIT太陽電池」を用い、デザイン性に配慮して屋根瓦と一体化させたタイプも新たにそろえた。7月1日から受注する。家庭内の配電システムなどはパナソニックが開発、薄型テレビ・ビエラに発電量や電力消費量などを表示できるようにするなど独自性も強調した。

...兵庫県尼崎市のプラズマテレビパネル工場を転用し、12年度後半に太陽電池の新工場を稼働させて大幅に増産する計画だ。(C)朝日新聞

パナソニックは昨年、三洋電機を子会社化した。パナソニックの狙っていたものの一つが三洋電機の太陽電池だ。営業・販売力・大量生産能力のパナソニックと技術の三洋というイメージが強いこともあり、三洋電機の太陽電池・太陽光発電パネルをパナソニックが強力に販売することは予想されていた。両社が合併後半年以上経過し、それが現実になった。パナソニックが太陽光発電に本格的に参入し、国内トップシェアを狙う、というニュースだ。

パナソニックには大きな販売網がある。それを利用し、太陽電池・太陽光パネルは三洋電機から調達して販売。太陽光発電のモニターをテレビに表示する仕組みも開発する。またデザイン性を重視した太陽光パネルも開発済みだそうだ。

そして目指すは国内トップシェア。2009年の太陽電池の国内シェアは、三洋電機は3位で20%。そしてパナソニックは0だった。それを、2010年にはパナソニック・三洋電機あわせて国内シェア1位、35%を目指す、とのことだ。引用記事には、商用レベルでは世界最高の変換効率の三洋電機のHIT太陽電池がその目玉商品のようにかいてあるが、三洋電機はHIT以外にも安い(が変換効率は高くは無い)シリコン薄膜系の太陽電池もある。その2種類の性格の異なる太陽電池でパナソニックは積極的営業を展開することだろう。両社の合併時からこのことは予想されていたことなので、トップシェアのシャープは既に対応策は確率済みとは思うが、どのような競争になるか、楽しみだ。

 
QLOOK ANALYTICS