LED街路灯の新製品は太陽光発電と電気二重層キャパシターを利用


LED街路灯の新製品は電気二重層キャパシターを利用

2010年04月01日

朝日新聞サイトの3月31日付けの日刊工業新聞記事「日本ケミコンなど、太陽光発電のLED街路灯を開発」から。

日本ケミコン、スタンレー電気、タムラ製作所の3社は30日、太陽光発電パネルと電気二重層キャパシターを組み合わせた発光ダイオード(LED)街路灯「スーパー・キャレックス・トキ」を共同開発したと発表した。これを基本モデルに、立地条件などに合わせた仕様を増やすなど商品化を進める。

1号機を新潟県佐渡市のトキ交流会館に設置し、同日、関係者らが参加し除幕式を行った。太陽光パネルで発電したエネルギーをキャパシターに蓄電し、夜間にLED照明を点灯する。 (C)日刊工業新聞

太陽光発電を利用したLED街路灯の新製品の話題だ。開発したのは、日本ケミコン、スタンレー電気、タムラ製作所の3社。3社の共同開発は珍しいだろう。

この街路灯は、太陽光発電パネルで発電した電力を電気二重層キャパシターに蓄電し、その蓄電電力によりLED照明を点灯させる仕組みだ。蓄電池は通常はリチウムイオン電池と予想されるがそうではなく、電気二重層キャパシターを使用しているところがユニークだ。電気二重層キャパシターはコンデンサの一種で、内部抵抗が低いため大電力の短時間の充電・放電が可能な製品だ。EV用急速充電装置などへの応用が通常は想定される。それを、弱い電力を長時間使用するLED照明に利用するところが面白い。だが、LED街路灯に電気二重層キャパシターを使用する利点は何だろうか。思いつかない。

この電気二重層キャパシターは、開発会社のひとつの日本ケミコンの得意な製品だ。また別の開発会社のスタンレー電気にはLED街路灯の製品はあるが太陽光発電や蓄電装置と組み合わせた製品ではないようだ。

 
QLOOK ANALYTICS