宍粟市の2010年度の太陽光発電設置補助金の予算額は150万円


宍粟市の太陽光発電設置補助金

2010年02月27日

全国の市町村の太陽光発電設置補助金で恐らく最も少ない補助金予算額と思われる市の記事を見つけた。毎日新聞サイト播磨・姫路版の2月27日記事「播磨の来年度予算案:宍粟市 /兵庫」によると、宍粟市の2010年度予算の内、主な新規事業に次の事業があった。

【主な新規事業】
▽太陽光発電などを導入する住宅・事業所への助成(150万円)

東国に住んでいる私としては宍粟市を知らなかった。宍粟市は"シソウシ"と読み、たつの市の北の鳥取県・岡山県の県境にある市だ。

この補助金は2010年度の新規事業とあるので、いままでは無かったはずだ。そこで宍粟市のホームページで検索したが、やはり見つけることはできなかった。ということで、この太陽光発電接地補助金は2010年度からの補助金だ。そして、この補助金の予算総額が「150万円」。非常に少ない。実際の補助金額は記事やホームページからは不明だが、1件1万円としても150件で終了する予算だ。まあ、宍粟市の人口は4万数千人なので、他の大都市の予算規模と同一の比較は難しいだろう。それにしても、補助金とは言えない金額で、対外的に「太陽光接地補助金を出しています」と言うだけに過ぎない金額と思う。極めて中途半端で、やらないほうがマシ、やるならもっと出すべき、と感ずる。

 
QLOOK ANALYTICS