ソフトバンクのメガソーラーは構想発表から10ヶ月でやっと第1号建設発表


ソフトバンクのメガソーラー

2012年03月05日

SankeiBizサイトの3月5日記事「ソフトバンクのメガソーラー、第1弾は京都と群馬で」から一部を引用する。

ソフトバンクグループで自然エネルギー事業などを手がけるSBエナジー(東京都港区)は5日、建設を計画している大規模太陽光発電所(メガソーラー)について、京都市と群馬県榛東村で4月に着工すると発表した。さらに徳島県での設置も決まったという。同社のメガソーラー設置が正式に決まったのは初めて。

ともに再生可能エネルギーの全量買取制度が始まる7月の稼働を目指す。

京都市では、同市伏見区淀水垂町と同区淀樋爪町にある埋め立て処分場の最大8万9800平方メートルの敷地に、京セラグループと協力して2100キロワット規模の発電所を2基建設。榛東村では、同村八州高原の村有地の最大4万9300平方メートルの敷地に、シャープなどと協力して2400キロワット規模の発電所を1基建設する。

ソフトバンクは全国十数カ所で計20万キロワット規模のメガソーラー建設を表明。3万キロワット級の発電所の設置が見込める鳥取県米子市の崎津工業団地が候補に挙がっているほか、昨年12月からは北海道帯広市の帯広競馬場に建設した大規模太陽光発電所(メガソーラー)の実験プラントが稼働している。(C)SankeiBiz

ソフトバンクのメガソーラーの建設がやっと決まった。「やっと」と言ったのは、この話題の発表されたのがかなり古いからである。このブログでは、昨年2011年5月23日記事「メガソーラーと電力ビジネス」で、ソフトバンクが全国10箇所に、それぞれ1~5メガワットのメガソーラーを建設する構想を発表した、ということを書いた。が、そこではソフトバンクの意図が純粋ビジネスのみである危惧について少し書いた。その予想は当たり、構想はしりすぼみの感があり、それを指摘した新聞サイト記事を読んだこともある。そしてやっと、本当にやっと、具体的な建設が発表された。

発表されたのは、京都市と群馬県榛東村のメガソーラー。京都市の方は、出力2100キロワット、つまり2.1メガワットの規模の発電所を2基建設するとのことなので、計出力は4.2メガワットとなる。京都なので京セラグループと協力して建設するとのことなので、太陽光パネルは京セラ製だ。

一方、群馬県榛東村は、シャープと共同で2.4メガワットのメガソーラーを1基建設する、とのことだ。

当初の昨年5月の計画公表から最初の建設発表まで随分時間がかかっている。あのソフトバンクが本気でやればこんなに時間がかかるはずは無い。恐らくビジネスとしてどの程度成功するかの検証に時間がかかっていたのではと思う。この間、ソフトバンクは帯広市に実験プラントを作っていた。雪のある帯広市でどの程度の発電が可能か、複数のメーカーの太陽光パネルでテストしていたのだろう。

それにしてもソフトバンクを見ていると、この太陽光発電には携帯・スマートフォンほど熱意が感じられない。ビジネスとして大きな成長が望めない事態になると、他社よりも早く放り出すような気がしてならない。同社の太陽光発電ビジネスには、どうも疑念が先に立ってしまう。

 
QLOOK ANALYTICS