ソフトバンクがモンゴルのゴビ砂漠で太陽光発電


ソフトバンクがモンゴル砂漠で太陽光発電

2012年03月12日

SankeiBizサイトの3月12日記事「ゴビ砂漠で風力・太陽光発電を ソフトバンクがモンゴル投資会社と合意」から一部を引用する。

ソフトバンクの孫正義社長は12日、モンゴルの投資会社ニューコム社と、ゴビ砂漠での風力・太陽光発電開発に向けた合意文書に調印した。都内で行われた調印式には、来日中のバトボルド首相も立ち会った。開発予定地は24万ヘクタールで山手線の内側面積40個分に当たり、東京都を上回る広さとなる。

砂漠の風況や太陽光の発電能力などに関する調査会社「クリーン・エナジー・アジア」を来月、モンゴルに立ち上げる。出資額や出資比率など「詳細は未定」(孫社長)だが、折半出資を想定しており、提携企業を募っていく方針だ。

孫社長が会長を務める自然エネルギー財団は、日本各地とアジアを海底ケーブルなどでつなぐ送電網「スーパーグリッド構想」を打ち出している。将来的には、モンゴルの風力や太陽光で発電した電力を、韓国電力公社の送電網で日本に送電することを視野に入れている。(C)SankeiBiz

ソフトバンクの太陽光発電については、このブログで少し前、3月5日記事「ソフトバンクのメガソーラー」に書いた。そこでは、日本全国にメガソーラーを建設する構想は大分前に発表されたのに具体的な第1号の建設が発表されたのはこの3月5日であることからソフトバンクの「やる気」を疑うようなニュアンスで書いた。しかしソフトバンクはそんなことはないようだ。太陽光発電がビジネスのネタとばかり、モンゴルに太陽光発電所を建設するそうだ。

建設場所はゴビ砂漠。開発予定地の面積は約25万ヘクタールという途方も無い広さで、引用記事によれば、山手線内側面積の約40個分と、東京都全体面積を上回るそうだ。その敷地に、太陽光発電と風力発電の各設備を建設する。

先ずは砂漠の日照やら風を調査する会社をモンゴルに立ち上げるとのことだ。その資金は、モンゴルの投資会社との折半になる見込みのようだ。

砂漠での太陽光発電での最大の問題は、恐らくほこりに太陽電池表面が覆われてしまい発電能力が低下することだろう。火星の地表での探査機でも同様のことが発生したが強烈な嵐で太陽電池表面の汚れが吹き飛び発電能力が回復した事例を聞いたことがある。砂漠では風が強く吹けば砂嵐となり、弱くなれば砂が太陽電池に積もり、また雨は少ないのでそれを洗い流すことも難しいだろう。砂漠ではこの太陽電池表面の汚れ対策が重要と予想される。

なお発電した電力は、将来的には韓国の送電網と海底ケーブルで結び日本に送電することも視野に入れているとのことで、壮大な計画だ。

 
QLOOK ANALYTICS