太陽電池の電力のみで飛ぶ飛行機には1万1000個の太陽電池搭載


太陽電池の電力のみで飛ぶ飛行機

2011年07月01日

CNN日本語サイトの6月24日記事「ソーラー飛行機で世界一周飛行を目指す男たち」から一部を引用する。

普通の飛行機なら、雨が降って滑走路に水たまりができたくらいで飛べなくなることはない。だが「ソーラー・インパルス」は話が別だ。
...
この飛行機を発案したのは、1999年に史上初の熱気球による無着陸世界一周飛行をなし遂げたベルトラン・ピカールら2人のパイロットだ。翼長は旅客機のA340並みの63.4メートルで、重量はスポーツカー並みの1600キログラム。スクーター程度のパワーしか出ないが、肝心なのは動力源は何かということだ。

ソーラー・インパルスはその名の通り、大きな翼の上にびっしり並べられた1万1000個を超える太陽電池を動力源としている。燃料は一切使わない。

昨年7月に行われた最初の本格的なテスト飛行では、26時間連続飛行を達成。14年には世界一周ノンストップ飛行を目指しているという。(C)CNN

太陽電池の電力のみ使用する飛行機の話題だ。この飛行機の外観はのとおり。この画像からは太陽電池が貼ってあるようには見えないが、巨大な63.4メートルの翼の上に1万1000個以上の太陽電池がはってある飛行機だ。この翼の長さは、なんとA340旅客機並みというから、大変な大きさだ。

翼はそれだけ大きいのに重量は1600キログラム。大きめの乗用車程度だ。出力は、記事によれば「スクーター程度のパワー」というから、飛行機としては非常にちいさなパワーとなる。

この飛行機で、昨年7月に26時間連続飛行を達成したとのこと。夜間・悪天候飛行用のバッテリーも搭載しなければならないため、難しい設計と思うが26時間連続飛行ということは設計はうまく行っている、ということだろう。この飛行機、2014年に世界一周ノンストップ飛行を目指しているそうだが、是非成功してもらいたい。

 
QLOOK ANALYTICS