太陽光パネルと充電装置を組み合わせた電源装置が発売


太陽光パネルと充電装置の電源装置

2011年04月05日

朝日新聞サイトの4月1日付の住宅新報社記事「大和ハウス工業 可搬式の電源装置販売 蓄電池と太陽光をパックに」から。

大和ハウス工業は4月1日、リチウムイオン蓄電池と太陽光発電パネルを組み合わせた可搬式の電源装置「ソーラーストレージ」を発売した。

災害や停電の場合に、昼間太陽光発電パネル(520W)で創り出した電力を蓄電システムに蓄える。充電時間の目安は5~6時間。満充電状態で、照明(45W)3灯・携帯電話の充電10台分・ノートパソコン3台を約3時間使用できる。

このたびの東日本大震災や計画停電で、非常時の独立した電源が欲しい、と考えた企業・個人は多いと思う。そのソリューションになりうる製品が発売された。大和ハウスから4月1日に発売された「ソーラーストレージ」がそれだ。この記事では情報不足なので、大和ハウスのサイトを調べたところ、「SOLAR STORAGE(ソーラーストレージ)」販売開始 ページに詳説されていた。以下、この情報に依る。

全体図のとおり、太陽光パネルは2枚。これは、シャープのシリコン単結晶タイプで、260ワット2枚で520ワットの出力だ。この太陽光パネルを載せる架台は、キャスターが付いており移動可能で、重量は41Kgもある。

充電器として使用するリチウムイオン電池蓄電システムはエリーパワー製の「パワーイレ」。通常のAC電源と太陽光パネルの2つの入力が可能な製品だ。2kWhの蓄電池容量を持つが、太陽光発電と組み合わせたときの自立運転時は、システムの安定のために1.1kWhに制限している、とのことだ。

太陽光パネルと組み合わせた自立運転時、つまり停電時、照明(45W)3灯・携帯電話の充電10台分・ノートパソコン3台を約3時間のすべてを3時間、使用可能、とのことだ。この「3時間」は、計画停電の停電時間を意識した時間だろう。

日中なら太陽光発電で発電・充電しながらの運転となるので、もちろん上記3時間以上使用できる。

この製品の価格は、252万円から、とのことなので、高価だ。停電時の(それほど多くは無い)1.1kWhの電力とこの金額が見合いとなるので、一般家庭ではなかなか導入できないだろう。ただ、価格が100万円を切れば、一般家庭への非常時用導入が加速されるかもしれない。

 
QLOOK ANALYTICS