相光技研から発売の太陽光パネルからの充電が可能な電源装置は容量6.9kW時の大容量バッテリー


太陽光パネルからの充電が可能な電源装置

2011年06月03日

最近このブログでも話題にすることの多い、太陽光パネルを備えた移動可能な電源装置の話題だ。朝日新聞サイトの5月30日付け日刊工業新聞記事「相光技研、7月に小型太陽光発電機を発売」から一部を引用する。

相光技研(相模原市中央区...)は、小型太陽光発電機「エコハイパワー」を7月1日に発売する。太陽光パネルが折り畳み式で、台にはキャスターが付いており簡単に移動できる。容量6900ワット時のバッテリーに、太陽光パネル、交流電源から充電できる。一般家庭や診療所などでの使用を想定している。価格は200万円で、月200―300台の販売を見込む。

停電時など、フル充電で1世帯の電力消費を約3時間まかなえ、使用中も太陽光による電力供給ができる。折り畳み式パネルの収納時の大きさは幅1000ミリ×高さ1116ミリ×奥行き1270ミリメートル、広げた時の大きさは幅1353ミリ×高さ1690ミリ×奥行き1270ミリメートル。全体の重さは354キログラム。
...(C)日刊工業新聞社

この電源装置は、通常は交流電源から充電でき、停電時には使用しながら太陽光パネルからの充電も可能な製品だ。太陽光パネルは折りたたみ式で、広げたときはのようになる。キャスターが付いて移動可能であり、見た感じではかなりしっかりした製品だ。

この製品のホームページによれば、AC電源によるフル充電は約11.5時間。結構時間がかかる。そして太陽光パネルによるフル充電は、約42時間という時間が必要なので、このホームページには太陽光パネルによる充電はあくまでも補助として使うように書いてある。

太陽光パネルのサイズは、広げたときは幅1353ミリ×高さ1690ミリとのことなので、面積は2.3平方メートルとなる。もし通常のシリコン型太陽電池なら1.5平方メートルで出力約0.2キロワットなので、その数値を当てはめて計算すると、この太陽光パネルの出力は約0.3キロワット、となる。この面積ではフル充電に約42時間を要するというのも理解できる。

バッテリー容量は6.8kW時と大容量だ。「フル充電で1世帯の電力消費を約3時間まかなう」ように設計された製品だ。ということはバッテリーがたくさん接続されていることが予想される。事実、バッテリーは5並列だ。そして太陽光パネルも含めた全重量はなんと354Kgと大変重い。

ユーザとしては一般家庭や診療所を想定、ということからわかるとおり、結構高価な製品だ。なんと200万円。

このタイプの電源装置は、今回製品と同じ性能で100万円を切れば、そして太陽光パネル以外の重量がもっと軽くなれば、急速に普及するであろう。

 
QLOOK ANALYTICS