太陽光発電とコージェネレーションのマンションが発売


太陽光発電とコージェネレーションのマンション

2011年07月22日

SankeiBizサイトの7月19日記事「太陽光+ガスコージェネ+ガス給湯器を組み合わせたマンション発売 大和ハウス」から。

大和ハウス工業は19日、太陽光発電、ガスコージェネレーション(熱電併給)設備、高効率ガス給湯器を組み合わせたエネルギーサービス「エネレクト」を導入した初の分譲マンション「プレミスト稲毛海岸」(千葉市美浜区、地上10階建て・202戸)を23日から発売すると発表した。

東京ガスがマンション内に設置した太陽光発電パネルとガスコージェネ設備で生み出した電力をマンション内の各戸に供給するとともに、発電時の廃熱でつくった予熱水を各戸の給湯器に提供し、少ないガスでお湯を沸かせるようにする仕組み。

また、電力会社からの電力や自治体などからの水は東ガスが一括で安く購入して各戸に提供。一般のマンションと比べ、月平均で光熱費は約5%、二酸化炭素排出量も約8%削減できるという。
...(C)SankeiBiz

大和ハウスが、東京ガスのエネルギーサービス「エネレクト」を導入した分譲マンションを発売する、という話題だ。

このマンションの「エネレクト」については、大和ハウスサイトのエネレクトに詳しい。このページはそのマンションのエネレクトシステムのページだ。

このエネレクト設備は東京ガスがマンション内に自社設備として設置。太陽光発電、ガスコージェネレーション、高性能給湯器(エコジョーズ)の3種類を組み合わせたシステムだ。

システム開発元が東京ガスなので、太陽光パネルはどうも付け足しのように見える。マンション屋上に設置させた太陽光パネルで発電した電力は、マンションの受変電設備に送られ、そこから各戸に配電される。太陽光パネルはマンション屋上のみの設置なので、出力はそれほどは高くはないと予想できる。

このエネレクトのメインはやはりガスコージェネレーションだ。上記サイトにも書いてあるが、ガスコージェネレーションとは、「天然ガスを燃料にしてエンジンで発電し、同時に発生する熱を無駄なく利用するシステム」である。その熱は、このエネレクトの場合は各戸への給湯器へ送られる水を温めるために使用される。各戸は通常の水道水よりは温度の高い水が給湯器へ入るため、水の温度を上げるためのエネルギーは少なくて済む。そしてその給湯器はエコジョーズと言われる、熱効率の良い機器だ。これは廃熱を再利用するため、熱効率が良い。

そしてこのエネレクトは、エネルギーと水の供給元、というか管理元が東京ガスとなるため、各戸は電力会社・水道局と契約する必要はなく、東京ガスとのみ契約という形態となる。

このシステムと、各戸に設置された複層ガラスにより、かなりの省エネが実現できるマンションとなっている。

というわけで、このマンションは環境にやさしいと言える。

ただこのマンションの名称から明らかなように、この建物は海岸に近いところに建っている。地図で見ると、海岸から1Kmくらいか。そして真横は川。大地震時の液状化現象は心配な立地ではある。

 
QLOOK ANALYTICS