集光型太陽熱発電は24時間稼動可能


集光型太陽熱発電

2012年02月20日

市場調査会社グローバル インフォメーションのプレスリリース記事「集光型太陽熱発電(CSP)は、太陽光発電(PV)と競合」から一部を引用する。

㈱グローバル インフォメーションは、Specialist in Business Informationが発行した報告書「Concentrating Solar Power (CSP) (世界の集光型太陽熱発電(CSP)市場)」の販売を開始しました。

集光型太陽熱発電(CSP)は、太陽光発電(PV)技術の発達によって、一次低迷していましたが、2011年末には、世界のユーティリティ規模のCSP発電容量は、2GWとなりました。2012年にはおよそ2,500 MWから3,500 MWの新たな発電容量が加わる予定となっています。

当報告書によれば、集光型太陽熱発電(CSP)市場は、2012年に再浮上し、この成長基調は5年間続く見通しです。

2011年末に、タワー式CSP設置コストは、95億米ドルに達し、CSP市場におけるシェアを拡大したと見られます。

現在CSP発電施設では、太陽熱エネルギーを集熱し、発電する4つの方式が使用されています。

設置基盤規模のうち、パラボリック・トラフ方式が93%のシェアとなっていますが、今後、タワー式、集中方式が普及するため、2015年までに、このシェアは70%に下落する見通しです。

他の2つのCSP技術には、線状フレネル反射器方式、そしてスターリング/ディッシュ方式がありますが、これらは、まだいくつかの小規模プロジェクトが進行しているにすぎません。

CSPは、集光型太陽熱発電、熱エネルギー貯蔵、太陽熱発電といった、さまざまな名称で知られています。

「熱エネルギー貯蔵(TES)は、スペインの発電施設において、操業開始後4ヶ月未満で24時間発電が実証され、2011年に大きな話題となりました。」と、SBIエネルギーアナリストで、当報告書の執筆者であるJean Dienerは述べています。

「パラボリック・トラフ方式では、7から8時間の蓄熱が標準的で、この場合、発電施設にはおよそ10-11%の追加費用が発生します。これにより収益性の鍵となる50%以上の稼働率を得ることができます。

発電タワーが高温で稼動している場合は、より低コストで、10-15時間の蓄熱が達成されています。」(C)グローバル インフォメーション

上記引用記事は、同社が販売を開始した調査報告書の内容紹介だ。同報告書は原文は英語で、購入価格は\395,851 (税抜)と高価だ。

この報告書のメインテーマは、集光型太陽熱発電(CSP)。このタイプの発電は太陽光発電の登場で一時低迷していたが、最近盛り返してきた。この発電方式は2012年に再浮上し、成長基調が5年間は続く、との見通しだ。

集光型太陽熱発電とは、太陽熱エネルギーを一箇所に集中し、その高熱で発電する発電方式だ。その集光型太陽熱発電にはいくつかのタイプがある。

現在は「パラボリック・トラフ方式」というタイプが主流で現在は93%ものシェアを占めている。

一般的な集光型太陽熱発電の大きな機能に、熱エネルギー貯蔵という機能がある。これは、太陽熱の一部を蓄熱し、夜間にその熱を利用して発電する、という機能だ。この機能のメリットは、太陽光発電が太陽の出ている日中しか発電しないことを考えれば、明らかだ。

スペインの集光型太陽熱発電発電施設では、操業開始後4ヶ月未満で24時間発電が実証された、この熱エネルギー貯蔵機能の有効性が立証されたことになる。

パラボリック・トラフ方式では7~8時間の蓄熱が標準とのこと。その蓄熱のためにおよそ10%の追加費用が発生するが、それにより、収益の分岐点となる稼働率50%を得ることができるそうだ。そして日照が豊富で高温で稼動しているときは、より低コストで10~15時間の蓄熱も達成できるとのことだ。

この集光型太陽熱発電は太陽光発電より大型の施設となる。太陽エネルギー利用の発電方式にもかかわらz24時間稼動可能とは、非常に将来性を感じさせる。ただ日本ではこの発電方式は人気がない。日本においても、テスト的なプロジェクトを稼動させることが必要だろう。

 
QLOOK ANALYTICS