米国の世界最大級の太陽熱発電所にグーグルが140億円出資


太陽熱発電所にグーグルが140億円出資

2011年04月13日

AFP日本語サイトの4月12日記事「米グーグル、世界最大規模の太陽熱発電所に140億円出資」から一部を引用する。

米グーグル(Google)は11日、米カリフォルニア(California)州のモハベ砂漠(Mojave Desert)で建設中の世界最大規模の太陽光発電所に、1億6800万ドル(約140億円)を出資したことを発表した。

米ブライトソース・エナジー(BrightSource Energy)が開発する同発電所「アイバンパ太陽光発電システム(Ivanpah Solar Energy Generating System)」は、2013年に完成予定で、392メガワット(MW)の発電をすることが可能になる。これは8万5000世帯を1年間まかなうことのできる電力だ。

グーグルのグリーンビジネス責任者、リック・ニーダム(Rick Needham)氏はブログで、「発電所の寿命は25年以上。その間、9万台の自動車をなくすのと同じだけの効果がある」と述べた。グーグルのクリーンエネルギーへの投資額は、総額で2億5000万ドル(約210億円)となった。
...
アイバンパ発電所は、タワーの上部に設置された集熱器にヘリオスタットと呼ばれる鏡で太陽光を集め、この熱で水蒸気を作り、タービンをまわして発電する。タワーは完成時約137メートルの高さになり、ヘリオスタットは17万3000枚が設置される。建設は米建設大手ベクテル(Bechtel)が担当し、2010年10月に着工した。(c)AFP

このブログは太陽光発電がメインテーマなので太陽熱発電はほとんど触れてこなかったが、今日の話題はその太陽熱発電だ。米国の砂漠に建設される太陽熱発電所、記事では世界最大規模と言うだけあって大変な規模だ。出力、なんと392メガワットだ。太陽光発電の世界では出力1メガワットでもメガソーラー(大規模太陽光発電所)と名乗っているが、この太陽熱発電所はそんな規模ではない。そもそも太陽熱発電所は、太陽光と違って大規模になる。塔の周りに反射鏡を多数設置し、塔の上部に光を集中させる。するとその集光部分は非常な高温となり、それで水を沸騰させてその上記でタービンを回す、という仕組みが一般的だ。

太陽熱発電には太陽光発電には無いメリットがある。それは、夜間も発電が可能、ということだ。集光部の熱容量を非常に大きくしておけば、太陽が沈んでも一定時間、発電が可能なのだ。

この大規模な太陽熱発電所に、あのグーグルが多額の出資をする、とのこと。なんと、140億円もの金額を投資するのだ。グーグルはいわゆるクリーンエネルギーへ投資をしており、今回を合わせて総額210億円にも達する、とのことだ。グーグルの行為は「投資」であり「寄付」ではない、純粋なビジネスなのだが、クリーンエネルギー推進に大きく役立つだろう。

 
QLOOK ANALYTICS