日産自動車の自動車運搬船に太陽光発電を装備


自動車運搬船の太陽光発電

2012年01月30日

時事通信社サイトの1月30日記事「省エネ型運搬船を公開=災害時の電源にも-日産」から一部を引用する。

日産自動車は30日、最新の省エネ型自動車運搬船「日王丸」を報道陣に公開した。同船は、1万8000馬力の高効率ディーゼルエンジンを搭載。船内照明を発光ダイオード(LED)とし、電力の一部を太陽光発電装置で賄うことでエネルギー消費を抑えた。これにより従来の同型船に比べ燃料消費を2割抑制、二酸化炭素(CO2)排出量を年4200トン削減できるという。

東日本大震災での大規模停電を教訓に、船内の発電機から1000キロワットの電力を陸上に供給する機能も持たせた。(C)時事通信社

太陽光発電設備を備えた自動車運搬船の話題だ。類似の自動車運搬船については、このブログの1月17日記事「自動車運搬船に太陽光発電を搭載」に書いた。そのときの記事によれば、商船三井の自動車運搬船の太陽光発電設備は停泊中の船内電源の一部として使用される程度だ。それでも出力200キロワットだ。また日本郵船は、船の動力に太陽光発電による電力を使用する本格的船のようだ。

今日の話題の日産自動車の運搬船は前者のタイプ。船内の照明をLEDとし、船内電力の一部を太陽光発電で賄う。甲板に太陽光パネルが並べられた図を見ると、甲板にびっしり太陽光パネルが設置されているのがわかる。

太陽光発電の出力は上記記事からは明らかではないが、ディーゼルエンジンの燃料を約2割、抑制できるとのことだ。

この船のユニークな点は、船内の発電機から1000キロワット、つまり1メガワットもの電力を陸上に供給できることだ。これは東日本大震災の教訓で装備した、とのことだ。

 
QLOOK ANALYTICS