停電時の太陽光発電


停電と太陽光発電

2011年03月28日

現在、東京電力から電力供給を受けている人たちは計画停電で不便を強いられている。夏は電力不足がさらにひどくなり、停電の強化も予想されている。そこで、次のように考えるかもしれない。

「停電で不便なので、太陽光発電を設置しよう。太陽光発電さえ設置すれば、日照があればエアコンも使える。夏でも太陽光発電のある我が家だけはエアコンを動かして涼しい我が家、だ。」

残念ながらこの考えは誤りである。確かに一般家庭に太陽光発電設備があれば停電時も電気は使える。しかしそれは、あるコンセントからの計1.5Kwまでの電力のみ使用可、なのだ。

電力会社側が停電になると、太陽光発電の機器の一つであるパワーコンディショナーの決められた動作で、太陽光発電側も停止となる。そこで、パワーコンディショナーのスイッチで、太陽光発電を「自立運転」モードにする。(この自立運転に切り替えるやり方は各メーカーにより異なる。)

いったん自立運転になると、通常はパワーコンディショナー中のコンセントから、最大計1.5Kwの電力を使用することができる。

もちろんこのときの必要条件は、日照があり太陽光発電がそのコンセントにつながれた機器の電力以上を発電していることだ。(厳密には、パワーコンディショナーを動作させる電力も必要だ。)日照が低下して発電量が使用電力を下回ると、パワーコンディショナーが自動的に停止するため、そのコンセントからの電気は使用できなくなる。

真夏、太陽がさんさんと照って発電量はMAX(たとえば4Kw)なのに停電時は特定のコンセントからの最大1.5Kwしか使えず、家のエアコンも使えないという状況は、高価な太陽光発電システムを設置したのに悔しい。しかし現在の一般的な太陽光発電機器の機能ではこのような動作しか有り得ない。

この話題については、自立運転の手引きがわかりやすい。

 
QLOOK ANALYTICS