北杜市に30年ぶりの太陽熱発電施設


北杜市に30年ぶりの太陽熱発電施設

2010年02月01日

太陽エネルギーからエネルギーを取得する方法として、太陽光発電のほかに太陽熱エネルギーがある。太陽熱エネルギーは日本では太陽熱温水器として利用されている。太陽熱温水器は太陽エネルギーを太陽光発電よりずっと高い割合で利用できる優れものだ。最近の日本ではあまり人気のないのが大変残念だ。その他の太陽熱を利用する方法として、太陽熱発電がある。これは日本ではまったくと言ってよいほど設置されていないが、欧米、特に日照時間の多いスペインでは大規模な太陽熱発電所が存在する。太陽熱発電の原理は意外に単純で、鏡により集光した箇所の高温で火力発電と同じタービンを回して発電する。今日の話題はその太陽熱発電所の日本での話題だ。毎日新聞サイトの1月30日記事「太陽熱発電:30年ぶり復活へ 東工大技術で低コスト実現」から一部を引用する。

太陽熱でタービンを回し発電する「太陽熱発電」計画が、国内では約30年ぶりに復活する。石油ショック後の81年、香川県で試みられたが、採算面などの理由で中止。その後、東京工業大を中心に技術改良が進み、低コストの新方式を開発した。国内有数の日照時間を確保できる山梨県北杜市に、実験プラントを建設する計画が進んでいる。

計画を主導するのは玉浦裕・東工大教授(エネルギー転換)らのチーム。「温室効果ガス排出ゼロ」を掲げて開発が進むアラブ首長国連邦のアブダビで試験を重ね、実用化が期待できる出力が得られる見通しが立った。

太陽熱発電は発電中に温室効果ガスを出さないうえ、「太陽光発電」と違い、蓄熱することで曇天や夜間でも発電が可能だ。欧州の業界団体などによると、世界の推定総発電規模は現在、原発4基分と少ないが、50年には世界の総発電量の最大12%を占めるまでに成長すると予想している。

アブダビでは、地上に設置した1386枚の鏡で太陽光を受け、高さ20メートルのタワーの先端に集めた後、再び鏡で地面に下ろし、その熱で特殊な溶液を500~1000度まで加熱。これを熱源にタービンを回して発電する。時々刻々と動く太陽を追尾できる独自の反射鏡を開発し、集熱効率を高めている。最大出力は100キロワットと電子レンジ200台分だが、山梨の実験プラントは約3倍の規模にし、将来的には実用に堪える100倍の出力を目指すという。

チームによると、すでに商業化されている各国の発電コスト(トラフ型)は、1キロワット時当たりで火力発電の4倍程度とされる。

玉浦教授は「新型はその半分を目指す。環境税が導入されれば、温室効果ガスを出す火力発電に課税されて発電コストが上がるので、両者の差はさらに縮まるだろう。エネルギーの安全保障上も重要な発電手段になるはずだ」と話す。(C)毎日新聞

太陽熱発電の実験施設を建設する計画が進展中だ。なんと日本での太陽熱発電は約30年ぶりとのこと。かつては香川県で試みられたが採算が合わず中止になったそうだ。今回は山梨県北杜市に建設予定で、技術の中心チームは東京工業大学だ。東工大はアブダビの太陽熱発電実験施設で研究を重ね、実用化が可能なレベルに達した、とのことで日本での実験になった。

アブダビの施設は、地上の約1400枚の鏡で地上20メートルのタワーの先端に集光し、その光を再び鏡で地上に降ろす。その熱で特殊な溶液を500~1000度まで熱し、それによりタービンを回して発電する、という原理だ。

この方法の利点は、その溶液に蓄熱できるため太陽の照っていない時間にも発電できる、ということ。この方式は太陽エネルギーを利用する様々な方式の中で非常に優れている。

ただアブダビの出力は小さく、100キロワットだ。これでは発電所とは言えない。北杜市の実験施設ではそれを3倍にし、最終的には100倍にする予定だ。100倍というと最大出力10,000キロワット、つまり10メガワットなので、これが太陽光発電所ならメガソーラーだ。つまりそのレベルに達すれば発電所として充分な能力を持つことになる。

まだコストは高いようだが、将来性を非常に期待される技術だ。

 
QLOOK ANALYTICS