太陽光パネルの屋上設置に適した新架台「エネブリッド」


太陽光パネルの屋上設置に適した新架台

2010年04月16日

プレスリリースサイト@Pressの4月16日記事日本初!「太陽光発電用『可変式』架台」発売から一部を引用する。発表した会社は(株)フォトボルテックとアーキヤマデ(株)だ。

シート防水日本トップメーカーの『アーキヤマデ株式会社』と、日本最大級の太陽光発電事業者グループを運営する、太陽光発電コンサルタント会社の『株式会社フォトボルテック』はこの度、「太陽光発電用『可変式』架台」【エネブリッド可変レールシステム】を共同開発した。

■太陽光発電の問題点
...産業用などのビルへの屋上設置(陸屋根設置)は、防水・加重・風圧など住宅用よりも、さらに多くのリスクを抱えているのが現状だ。

一般的に屋上の防水改修は10年~15年程度でやり直さなければならないが、従来の固定式架台は、防水改修時にパネルや架台を撤去しなければならず、時間もコストも掛かってしまう。さらに、屋上に『コンクリート製の基礎』を作りその上に太陽光発電を設置する為、工期が長く、建物への重量負荷も大きい、その為重量オーバーで設置できない建物も存在する。そもそも、屋上設置は雨漏りのリスクがあり、それを防水技術でいかにリスクヘッジをするのかが大きな課題になっていた。

■問題解決の切り札
このような問題を解決するために、シート防水日本トップメーカーの『アーキヤマデ株式会社』と、日本最大級の太陽光発電事業者グループを運営する、太陽光発電コンサルタント会社の『株式会社フォトボルテック』が共同開発したものが、この【エネブリッド可変レールシステム】である。コスト面や工期短縮での優位性はもちろんだが、大きな特徴は、太陽光パネルを上下に開閉できる点にある。定期メンテナンスは『パネルの故障』の発見が重要であり、その判断として、『裏面側の焦げ(ホットスポット現象)』がないかなどの確認が重要だ。しかし従来の固定式では、パネル1枚1枚の取り外しという面倒な作業があった。また、改修時も同様の取り外し作業があり非常に時間とコストが掛かっていた。本システムの場合、簡易に開閉できるので、太陽光発電システムのメンテナンスや屋上の防水改修が圧倒的にやり易い点が画期的である。

20kwシステムの場合 在来工法 エネブリッド可変レールシステム
基礎重量 4t(コンクリート使用) 96kg(RR-PV連結ディスク使用)
架台重量 4t(重量) 1,442kg(軽量)
工期 △(長い) ◎(短い)
コスト △(高い) ○(安い)
メンテナンス ×(やり難い) ○(やり易い)
雨漏りの強さ △(防水が切れる恐れあり) ○(防水性が高い)

...(C)@Press,(株)フォトボルテック,アーキヤマデ(株)

このエネブリッド可変レールシステムは、ビルの屋上などの陸屋根(水平の屋根)に太陽光発電パネルを設置するために開発された。重量・雨漏り・メンテナンス性・価格のすべてにおいて在来工法より優れた工法だ。

詳細はアーキヤマデのホームページ中のエネブリッドにある。画像を見ると仕組みがよくわかる。

このシステムはひとことで言うと、レール上に太陽光パネルを設置する。レールに固定したボルトをはずせば太陽光パネルを60度まで開閉できるので、メンテナンス性が非常によい。太陽光パネルの問題を発見するには太陽光パネルの裏側をチェックする必要があるが、従来の工法ではそれはかなり困難だった。この工法なら簡単に裏側を見ることができる。

そしてそのレールのパネル架台は、リベットルーフという防水性能の優れた屋上防水シートの上に設置される。このリベットルーフはビルや好況建築物の屋上に採用されているとか。上記ホームページではリベットルーフ採用の建物として、私が散々音楽会に通った東京文化会館の画像も載っている。

この簡単な仕組みなら工期もかなり短いし、価格も安いことは容易に想像できる。これは優れた製品なので、産業用太陽光設備の設置に今後かなり使用されると予想する。

 
QLOOK ANALYTICS