太陽光パネルとリチウムイオン電池をセットにした三洋電機の「ポータブルソーラーセット」


太陽光パネルとリチウムイオン電池をセットにした携帯充電器

2010年02月07日

外出先などで携帯電話の電気がなくなり太陽光で充電できないものか、と思っているかたは多いだろう。そのような目的で開発された製品が三洋電池のポータブルソーラーセットだ。この製品は、1枚または2枚の太陽光パネルとリチウムイオン電池から成る。太陽光パネルはもちろん三洋電機お家芸のHIT太陽電池だ。

太陽光パネル2枚の製品の場合、太陽光パネル部分のサイズは約17cmかける40cmで重量は約400g。そして太陽光パネルの最大出力は3.1ワット。通常の家庭用太陽光発電パネル1枚の1.5%程度の出力だ。

リチウムイオン電池部分は約70gだ。太陽光パネルからリチウムイオン電池に充電する場合、フル充電には南向き窓で1.5日かかる。またUSBからリチウムイオン電池に充電することも可能で、その場合のフル充電は7時間。また同電池からの出力はUSB出力で、携帯などにはUSB出力で接続する。出力容量は残念ながら大きくは無いので携帯電話程度でありノートパソコンの充電には利用できない。

このセットは太陽光パネルを持ち運んで外出先で太陽光パネルから充電することを想定しているため、太陽光パネル部分を窓に吊るすフックが2個、落下防止用ヒモが1本付いている。

三洋電機らしいアイデアの商品と思う。ちなみに価格はオープンプライスだが、価格比較サイトによると最低価格は、パネル1枚タイプが9千円、2枚タイプが1万1千円程度だ。

 
QLOOK ANALYTICS