太陽光発電のコストはあと10年で3~5割に


太陽光発電のコスト

2011年04月01日

今日は米国の話題。3月31日付の東京新聞サイト記事”太陽光発電、10年でコスト激減 米長官「火力並みに」”から。

チュー米エネルギー長官は30日、2020年末までに太陽光や風力によって一定の電力を得るための発電コストは火力発電と同等かそれ以下になるとの認識を示した。

オバマ大統領が米国の新しいエネルギー安全保障政策について演説した後の記者会見で質問に答えた。太陽光や風力発電は火力や原子力発電に比べて発電コストが高いことが普及の妨げになっている。

特に、太陽光発電のコストは技術の進歩によって急速に下がっており、エネルギー省は20年末の発電コストは現在の半分に下がるのは間違いないとみており、7割超下がる可能性もあるという。
...

米エネルギー長官が太陽光発電の将来のコスト見通しを発表した。あと10年後の2020年末の太陽光発電コストは、現在の半分に下がるのは確実で、7割以上下がる可能性がある、という内容だ。2020年末には現在の3割のコストになる、ということだ。

この見通しに従えば、例えば4Kwの太陽光発電システムは現在は約200万円かかるが、2020年末には60万円~100万円で設置できる、ということになる。

米エネルギー長官はチュー氏。中国系米国人で、中国名は朱棣文。チュー氏は学者で、1997年にノーベル物理学賞を共同受賞している。ネットを調べると、
”科学者としての最近の研究テーマは、エネルギー関連の課題に対処し地球の気候変動を阻止する新たな解決策の追求”
なので、エネルギー長官としてふさわしい人だろう。そのこともあり、今回の発表内容にもかなりの信憑性が期待できる。

このたびの原発大事故にもかかわらず、米国は原子力発電復活路線を修正するつもりは無いようであることは大変残念だ。日本においてはどのようになるだろうか。日本では反原発の市民運動がほとんど報じられていないのは、この運動が低調なのか、マスコミが恣意的に報じないのか、どちらだろうか。後者はもちろんあるとして、前者も意外にありうるように思う。国民は皆、電気大量消費の今の便利さを見直すつもりがあまりないように私は感じているからだ。

 
QLOOK ANALYTICS