サンテックは2009年に太陽電池世界一メーカーに


サンテックは2009年に太陽電池世界一メーカーに

2009年09月01日

エコロジーオンラインサイトの8月21日記事「サンテック・パワー Qセルズ抜き、太陽電池世界シェア1位へ」から。

米調査会社・アイサプライは、中国の太陽電池メーカー「サンテック・パワー」が、太陽電池生産世界首位のドイツ・Qセルズを抜き、世界最大の太陽電池メーカーになるとの予測を発表した。

アイサプライの報告では、サンテックとシャープ、インリー(中国)、JAソーラー(中国)の4社は、景気後退にも関わらず増産を続けており、シェアの拡大を図っていると指摘する。世界シェアトップへの返り咲きを目指すシャープと、一気に勢力拡大を狙う中国メーカーの並々ならぬ意気込みを感じる。

しかし、スペインにおける電力の固定買い取り価格の見直しが引き金となり、現在の世界の太陽電池市場は供給過剰状態だ(*)。2009年の太陽光発電パネルの生産は、2008年の6.5ギガワットから14.3%増の7.5ギガワットになると予測されるが、実際に設置されるのは3.9ギガワットと、約半分が在庫になる可能性が高いという。

アイサプライ主席アナリストのヘニング・ウィッチ氏によると、「在庫過剰は、太陽電池ビジネスに長期的な影響を及ぼす見込みで、この状況は2012年まで続くだろう」としている。

(*)2007年にフィードインタリフを導入したスペインでは、破格の電力買い取り価格を設定したことで、太陽電池の需要が急激に拡大。翌年、政府は買い取り価格を引き下げたため、同国からの発注は激減した。世界中の太陽電池メーカーは過剰在庫を抱えてしまっている。(C)エコロジーオンライン

この記事には2つのニュースがある。一つは、タイトルのとおり、中国の太陽電池メーカーであるサンテック・パワーがドイツのQセルズを抜いて世界トップの太陽電池メーカーになる、との予測だ。この予測は米国のアイサプライ社の調査とか。ただ、この引用記事では、いつトップになるのか、という極めて重要なことが書いていない。そこで元記事のHalf of All Solar Panels Made This Year Won’t Be Installed in 2009を読むと、「2009年」であるということがわかった。

もうひとつの興味深いニュースは、引用記事最後の(*)部分だ。スペインは2007年に固定価格買取制度(FIT)を導入し破格の電力買取価格を設定。そのため太陽電池の需要が急激に拡大した。ところが2008年、スペイン政府はその価格を下げてしまったため同国の太陽電池の発注は激減し、世界中の太陽電池メーカーは過剰在庫を抱えている、とのことだ。一国のFITの価格設定で世界中の太陽電池メーカーが需要の急激な増減に直面しているとは極めて面白いニュースだ。その予測では過剰在庫は2012年まで続くとのことなので、新技術による太陽電池の新製品はその後、となると私は思っている。

 
QLOOK ANALYTICS