米国でスマートグリッド稼動開始


米国でスマートグリッド稼動開始

2009年12月10日

このブログの10月5日記事「太陽光発電の普及と送電網の整備」中の引用記事で、2008年2月に米国テキサス州で起こったことを書いた。テキサス州は風力発電が盛んで約7900メガワットを生成するが、その月はほとんど風が吹かず発電量が82%も減少したが他地域から電力のやり繰りが出来ず送電制限を余儀なくされた、とのことだった。このような事象に対応する技術がスマートグリッドだ。

風力や太陽光などの自然エネルギーは不安定で天候の影響をもろに受ける。そのようなときの近隣地域から電力をやり繰りするスマートグリッド技術による変電設備が米国でやっと運転を始めた。時事通信社サイトの12月9日記事”「賢い送電網」が本格始動=再生可能エネルギー取り込みへ-米”によると次のとおりだ。

IT(情報技術)を活用して電力需給を細かく制御する次世代送電システム「スマートグリッド(賢い送電網)」が、米国で本格稼働を始めた。複合企業ゼネラル・エレクトリック(GE)は8日、電力の調整を瞬時に行える変電設備をニューヨーク市近郊で運転開始。風力や太陽光など再生可能エネルギーで発電された電力の増減に柔軟対応できる体制を整えた。今後、このような設備が全米各地で建設される見通しだ。

ニューヨーク州内の風力発電能力は現在127万5000キロワットだが、5~10年後には800万キロワットに拡大する見込みだ。家庭での太陽光発電も急増している。ただ、このような電力は風量や雲の動きで大きく変動するため、他地域と電力をやりとりして供給を安定させる必要がある。GEによると、新たな変電設備の稼働で、近隣の電力網との間で最大30万キロワットもの電力の融通が数秒で行えるようになった。(C)時事通信社

この設備が設置されるのは米国ニューヨーク州。ニューヨーク州は先のテキサス州ほどではないが風力発電が盛んなようで、5~10年後には800万キロワット、つまり8000メガワットに拡大する見通しだそうだ。この規模は、先に書いたテキサス州の風力発電の規模に等しい。米国は日本よりは風力発電に熱心なように見受けられる。

さて、米国の送電網は古く100年前の技術だそうだ。それを新送電網に変えながらこのスマートグリッドを組み込むのだろう。今回運転を開始したスマートグリッドはゼネラル・エレクトリック社の設備。最大30万キロワット、つまり300メガワットの電力を数秒で近隣の電力網と融通し合えるものだ。今後、このような設備が全米に整備されるそうだ。

 
QLOOK ANALYTICS