商社の山善が太陽光発電の見積サイトをオープン


山善が太陽光発電の見積サイトをオープン

2010年02月16日

商社の山善が太陽光発電システム見積りサイトiENOGU(イエノグ)ソーラーを開設した。@プレスリリースサイトの2月16日付の「手軽に計算、気軽に見積り」~太陽光発電の情報満載! 太陽光発電システム見積りサイト「iENOGU(イエノグ)ソーラー」をオープン から一部を引用する。

株式会社山善(代表取締役社長:吉居 亨)/住設建材部(統括部長:雷陽次/以下、「当社」)では、環境対策の一つとして普及が進む「太陽光発電システム」の需要拡大に対応するため、新たに2010年2月16日より一般消費者(施主)向け提案型Webサイト「iENOGU(イエノグ)ソーラー」をオープンします。
...
(2)サイトの特長
・「iENOGU(イエノグ)ソーラー」は、太陽光発電の基礎知識から販売施工店選びまで、太陽光発電の導入をトータルでサポートするサイトです。「太陽光発電を設置するとどのくらい節約できるの?」「太陽光発電を設置したいけど安心できる販売施工店はどこ?」といった悩みをすべて解決できます。

<「iENOGU(イエノグ)」サイトの使い方>
 1.「太陽光発電の基礎知識」で太陽光発電システムや、施工についての基礎知識をゲット!
 2.「太陽光発電導入シミュレーション」で自宅に設置した場合の発電量や支払額をチェック!
 3.「概算見積」で設置額をチェック!※注2
 4.「販売施工店を探す」でお住まい地域の販売施工店をチェック!※注2
 5.「施行事例」で販売施工店の施行事例をチェック!※注2
 ※注2:3~5のメニューは4月1日よりサービス開始します。

<安心の情報サービス>
 1.地域毎に異なり、多岐にわたる国や自治体による補助金情報などを全国レベルで網羅!
 2.サイトに登録される販売施工店は全て、メーカーの発行する技術IDを取得している実績ある業者です。
 3.販売施工店への「概算見積り」は複数に依頼可能で、しかも匿名もOK。お客様の指示がない限り、販売施工店から直接アプローチはなく、導入決定までじっくりご検討いただけます。
 4.サイト利用料(登録料、会費等)は一切かかりません!※注3
 ※注3:インターネット利用にともなう電話回線料金やプロバイダ接続料は別途必要です。
(C)山善

いままでこのような見積サイトは複数存在していたが、この新サイトは商社が作ったサイトらしくFlashを使ったプロらしいサイトでその意味では信頼感はある。ただ、この新サイトの目玉の「概算見積」、「販売施工店を探す」、「施行事例」が4月1日からのサービス開始でいまは見ることはできないのは残念だ。

現在動く「太陽光発電導入シミュレーション」をやってみたが、Flashを使った見やすいシミュレーションだ。太陽光発電でどのくらい電気代が節約できるか、どれくらいエコな効果があるか、が人目でわかる。

一番便利と思った機能は、補助金だ。郵便番号と太陽光発電システムの規模(出力)を入力すると、国・県・市町村から得られる補助金額が表示される。これはサイトのサーバに全自治体の補助金データが入っているのだろう。自治体の補助金情報は年度により変わることが多いので、このデータのメインテナンスは結構大変と思う。サイト運営会社の山善は、結構高価と思われるこのサイト作成費用のみならず、このデータメンテナンスの費用も負担することになる。となると、山善にとってこのサイトのメリットは何だろうか。山善は商社なので、損をするだけのサイトを作るはずはない。

想像だが、このサイト経由で施工会社に見積依頼があり最終的に決定すると、施工会社から山善へ紹介手数料が入る、そんな仕組みになっているのだろうか。

そのような仕組みであってもなくても、大事なことは、本当に技術力があってきちんとサポート能力のある施工会社を紹介してもらえるか、ということだ。太陽光発電システムの設置工事は、単に価格が安いだけでは駄目で、技術力がなければならない。このブログでも以前書いたが、屋根工事の経験がほとんどない電気屋の工事では雨漏りなどの重大な事故に繋がってしまうのだ。この山善の見積サイトの紹介する施工会社は、本当にそのようなユーザの立場に立った立場で評価して紹介する会社なのか、バックマージンの多寡などの別の視点から紹介する施工会社なのか、見極めが必要だ。

 
QLOOK ANALYTICS