コカ・コーラの新しい自販機には太陽光発電が搭載


自販機に太陽光発電

2010年03月30日

読売新聞サイト3月29日記事「日本コカ・コーラ、太陽光発電搭載の自販機設置へ」から。

日本コカ・コーラ(東京都渋谷区)は来月から、太陽光発電装置を搭載した自動販売機「ecoる/ソーラー」の本格設置を始める。

日中に本体上部のソーラーパネルで発電し、バッテリーに充電。夜間、その電気を自販機のディスプレー部の照明に使う。このほか、利用者がいない時にディスプレー部の照明を暗くしたり、内部の断熱性を高めたりして、従来型より消費電力を約40%減らした。年内に約1500台の設置を目指す。(C)読売新聞

ついに自動販売機にも太陽光発電だ。コカ・コーラ社の自販機ecoる/ソーラーの上部に太陽光発電パネルが設置され、発電電力は内部のバッテリーに充電される。その蓄電された電力を夜の自販機照明に使用する。

また利用者のいないときの照明を暗くしたり断熱性を高めたり、などの努力で使用電力は従来のものより40%も減らすことができた、とのことだ。

自販機の上部だけでは太陽光パネルの設置面積は少ないはずだ。全面や側面にもフィルムタイプの太陽電池を貼り付ければもっと発電量は増えるはずだ。おそらくそのような製品も直に登場することだろう。

 
QLOOK ANALYTICS